クリニックだより 内科

レルベアが効かない吸い方、使い方 ー  咳 ぜんそく 喘息 COPD

内科

ラーメンやそば一気にすするように吸ってください


● レルベアは主に、ぜんそくで処方をされることが多いです

● 使用方法は数ある吸入器の中でも容易と考えられています

院内で吸入方法を教えて頂く中で

説明書の注意事項の中でも、特に記載されていませんが、確認が必要なことが分かりました。

実際に経験した例です。

60歳代 男性 40歳代 男性 60歳代 女性・・・

■ 初診時

  レルベアの使い方をトレーナーを用いて、上手にできるまでお教えしました。

■ 2週間後の再診時に吸入が出来ているか、確認をさせて頂きました

  レルベアのトレーナーで確認したところ音がなりませんでした。

  原因は吸入をするときに口角から空気が漏れ出ていたからです。

  吸入方法を

● 口を「きゅっ」とすぼめて口を当てること

  を意識してもらいました。

■ 再度2週間後の再診時吸入が出来ているか確認をさせて頂きました

  きちんと吸入することが出来ておりました。

レルベアの注意事項

● 空気の漏れをなくすために深くくわえると、通気口が唇でふさがれます

● 浅くくわえると、口角から空気が漏れ出ます

誰でもできる、上手に吸えるコツ

魔法の言葉です!

「ラーメンやおそばを一気にすするように」

吸ってみると、90%以上の患者さんは、最初に息を吐くことを意識しなくても上手に吸えます。

● ラーメンをすする勢いがあれば、レルベアは吸えます

● ラーメンをすする前に、最初に息吐きを意識しなくても十分すすれます

● ラーメンをすする時は自然に口をすぼめます

レルベア、アドエア、シムビコート・・などの粉を吸う薬に関してはすべて

「深く大きく吸い込む」

より

「ラーメンやおそばを一気にすするように吸い込む」

が、効果があります。

ぜひ試してみてください。

■ レルベアの吸い方 4コマ漫画風

■ レルベアの説明書

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)

2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。