クリニックだより 内科

3回目の吸入確認が必要な理由 - 患者さんとの距離が縮まります

内科

3回目の吸入確認、吸入ガイダンスをしてみて分かったこと

吸入器は主に、

ぜんそく(喘息)、咳ぜんそく、慢性気管支炎、肺気腫、慢性閉塞性肺疾患(COPD)

で用いられます。

初回の吸入ガイダンス

 ・通常で用いる吸入器と発作時用の薬の使い方二つをご説明します。
   
 ・吸入器の操作自体が初めてですので一からお教えします。

 ・どの程度の力で吸ったらよいかお教えします。

 ・吸う力が弱いと判断したら、弱い力でも吸える薬に変更します。

 ・上の入れ歯をされている場合、吸入器に口を当てた時に入れ歯が下に落ちる場合があるので、確認が必要です。

 ・その他の注意点を説明します。

2回目の吸入確認(1~2,3週間後

 
 ・一から操作していただき、吸入をできているか一緒に確認します。

 ・初回で吸えていても、2回目で吸う力が弱ければ、吸入する力加減を確認します。

 ・声がかれるようでしたら、薬の種類を変更します。

 ・最初に息を吐き出すこと、吸入した後の息止めを忘れがちですので確認をします。

3回目の吸入方法の確認(3~6週間後
   (1,2回目の吸入方法で特に問題なければ省略します)

 ・多くの患者さんは上手に吸えています。
  
 ・患者さんは吸入の効果を実感できてきている時期です。
 
 ・薬の効果を実感しているため、今後も中断せず、継続的に吸入できるように動機づけができます。

 ・1回目、2回目で吸入の手順を確認し、3回目でより効果的な吸入方法について考えられます。

 ・どの程度の力で吸えば良いかを繰り返しお教えして、感覚として身に付けていただきます。

 ・粉の吸入薬をもっと吸えるように、吸入口を逆さにして吸っている患者さんもおられました。再度適切な使用方法をご説明します。(1回目、2回目は問題ありませんでした)

 ・細かな手技や吸入する回数を覚えられないようなお年寄りでは、継続した吸入確認が必要と思われます。

 ・吸入を毎日やっていると医師の前では報告しているが、実際はやられていない患者さんもおります。(調子が良くなりましたので、お気持ちもわかります)
    
 ・3回目の吸入の確認することで、継続的な必要性を分かっていただきます。

~院内で吸入の仕方をお教えることで一番良かった点~


● クリニックと患者さんとの、人と人との距離が縮まることです