クリニックだより 内科

パルミコート オーキシス シムビコート 違い、使い分け、分類、効果ー 喘息 ぜんそく 慢性閉塞性肺疾患 COPD

内科

ぜんそく、慢性閉塞性肺疾患と診断された患者さんは

パルミコート オーキシス シムビコート

などの吸入薬を処方された経験があると思われます。

それぞれ色や名前は違いますが、形は全く同じです。

全く形が同じであることから、どの薬がどのような効果があるかご存知の患者さんは多くなく、混乱あると思われます。

簡単にご説明しますと上の絵の通りです。

薬の使用パターンを考えると

パルミコートのみ使用している患者さん

オーキシスのみ使用しているCOPD患者さん

①+②パルミコートオーキシス両方使用している患者さん

シムビコートのみ使用している患者さん

上記のパターンが一般的です。

その中で

⇒ ①+②パルミコートとオーキシスを両方使用している患者さんは③シムビコートのみ使用の方が効率的と考えます。

⇒ また、ぜんそく患者さんでパルミコートと、そのほかの気管支拡張剤を処方されている場合もシムビコートのみ使用の方が効率的と考えます。

もちろん、今使用している薬剤や吸入方法で病気の調子が良いならば、現在使用している薬を継続して全く問題ありません。

薬の量が増えて負担になる場合や現在の病気の調子が悪い場合は、担当の先生にご相談しても良いと思われます。

■ 発作時にシムビコートを使用している患者さんへ

■ シムビコートの使い方が分からないようですー使用方法をお教えして下さい

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)

2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。