発作時にシムビコートを使用している患者さんへ ― シムビコート 使い方  SMART療法 スマート療法 

発作時にシムビコートを使用するSMART療法

シムビコートはぜんそく(喘息)で主に処方をされる吸入の薬です。

この薬の大きな特徴として、

■ 体調が安定しているときにも、発作時にも使用することができます。

このような使い方をスマート療法といいます。

実際にスマート療法をするならば、処方してもらった医療機関から説明があると思います。

上手にできれば、これさえ持っていれば、どのようなときにも対応ができます。

しかし、

■ シムビコートの使い方が分からなくて、薬を吸うことが出来なければ何も意味がありません。

発作時における追加の吸入のタイミングは

■ 呼吸が苦しくなり始めたとき

■ ぜーぜーで始めたとき

■ 胸が調子悪くなる予感がある時

■ 発作の中ほど

■ 発作がやや静まった時

このようなときに、シムビコートの追加の吸入が威力を発揮します。

しかし、シムビコートの使い方に関しては、一言で「簡単です」とは言えません。

いまインターネットで

「シムビコート 使い方」

を検索された患者さんは、

■ 実際に使えているか否かを、クリニックもしくは薬局で確認をしてもらってください。

発作時の使用は、ぜんそくの状態を安定させる非常に重要な行為です。

その重要なときに

■ 使い方が分からないで、薬を吸えなければ、何も意味がありません。


■ スマート療法をするように説明があった場合には、いつも以上に使い方に気を付ける必要あります。

■ 使い方に自信がなければ、インターネットで使い方を検索されているようでしたら、スマート療法はお勧めしません。

表示回数