クリニックだより 内科

肺気腫の治療とは

内科

肺気腫は治せませんが、せきや痰などを楽にします

肺気腫はタバコによって肺に穴があく病気です。

残念ながら肺の穴自体は治りません。

肺気腫がすすむと、穴の数が増えたり大きくなります。

そうすると、酸素を取り込む肺がこわれていきます。

肺がこわれてくると空気の通り道の気管支が狭くなってきます。

よって、せきや痰、息切れが悪くなってきます。

肺気腫が悪化して症状が悪くなると

慢性閉塞性疾患(COPD)

という病名になってきます。

テレビゲームやアニメの悪のキャラクターがさらに進化したイメージ

です。

まだ肺気腫のままか、COPDまで進化(悪くなった)したかは呼吸機能検査をしないと分かりません。

治療はまずは禁煙をお勧めします。

薬による治療は?

穴は治せないので、狭い気管支を広げるような薬を使用します。

気管支拡張薬

おもに吸入薬を使います。

下記のイラストを参考にしてみてください。

PDFはこちら

レルベア+スピリーバレスピマットでうまくいかない - 当院の吸入指導の具体的なイメージ 

病院から紹介のあったCOPDの患者さん

肺気腫で治療しているが調子が悪い

息切れや、呼吸が苦しい場合 ー 原因、病気、検査の方法や内容

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。