クリニックだより 内科

シムビコートが効かない場合

内科

使い方か、量の問題です

本日も、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックをご利用いただきありがとうございます。

シムビコートは多くの場合は、咳の場合に処方されます。

● ぜんそく、咳ぜんそく

が代表的な病気です。

シムビコートを処方されている場合の吸い方で、

● 朝2吸入 夕2吸入

このパターンが大多数を占めています。

しかし、これで咳が良くならないと患者さんが当院を受診されます。

なぜ良くならないか?

● 診断が間違っている

● 吸入器の使用方法が間違っている

● 薬の力不足

この3点が考えられます。

その中で一番多いのは、

● 薬の力不足

朝2吸入 夕2吸入では薬が足りていません。

次に多いのは

● 薬の使用方法が間違っていたり、薬を吸う力が弱い

アレルギーが原因となる咳や息切れの診断や治療は特殊性があります。

呼吸器内科・アレルギー科における特有の検査が必要です

心当たりがあったり、気になる場合は

呼吸器内科・アレルギー科専門の医療機関

へ受診してください。

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。