クリニックだより 内科

毎年秋や季節の変わり目に咳が出る理由と解決方法

内科

アレルギーの咳の可能性があります

9月に入ってから

● 咳が出てきた

● 咳が止まらない

● 咳で夜起きる

● 息切れがする


● 苦しいです

このような患者さんが多くなっています。

初めて経験するような咳の場合もあれば、以前経験した咳の患者さんもおります。

いつも咳が出るパターンは

● 毎年、季節の変わり目に咳が出る

● 去年も9月の秋に咳がでてきた

● 今まであって、止まるまで2週間以上かかった

● 春の咳は止まるのにひと月かかった

● このまま放っておくと、いつも咳が長引く

このようにお話をされる患者さんが多いです。

では、今まで処方された薬の内容をお訊ねすると

● 吸入器をもらったことがある

● 咳止めもらったが効いたかどうか分からない

● 吸入で良くなったことがある

● 耳鼻科に行って吸入器を出してもらった

● 抗生剤を出されたが、別に熱は無い

● 吸入で良くなったあと、薬はやめた

● 薬が効いたかどうか分からないが、ひと月で治った

このようにお話されます。

実際どのような病名だったでしょうか?

● かぜ

● ぜんそく のような咳

● 診断名はなかった

● よく分からなかった

● 咳ぜんそく

● 風邪ぜんそく

● アレルギーの咳

● 気管支炎

● ぜんそく様な気管支炎

● ぜんそく かもしれない

● ぜんそくっぽい

● ぜんそくのけがある

● ぜんそく

● 気管支ぜんそく

・・・

など様々あります。

多くは

● 気管支ぜんそく

ですが、はっきり診断するには難しさがあります。

【参考】

● ぜんそく(喘息)の け がある とは何でしょうか?

● 咳ぜんそくと言われたら

● 呼吸器内科・アレルギー科の病気には特殊性があります

重要なことは

● 気管支ぜんそく

なのか

● それ以外の病気なのか

です。

● ぜんそくであれば咳が止まっても吸入は続けます

● 咳ぜんそくであってもすぐに薬をやめることはしません

長引く咳で今まではっきりしないで、繰り返している場合は、呼吸器専門のクリニックへの受診をおすすめします。

本日も、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックをご利用いただきありがとうございます。

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。