クリニックだより 内科

心臓は問題ないのに苦しい

内科

肺や気管支に問題がある可能性あります

もともとの心臓の病気は

● 慢性心不全

● 高血圧

● 不整脈

● 以前に心筋梗塞をした

● 弁膜症

などがあります。

坂道や階段、動いたときなど苦しい場合に

● 心電図、レントゲン、採血、心エコー、24時間心電図

をして

● 異常ないから問題は無いだろう

と言われる場合があります。

● しかし苦しいのは変わりません

そのような場合は

● 肺や気管支に問題がある場合があります

心臓の病気を持っている患者さんの場合、

● タバコを吸っていた経験がある

ことが多いです。

● 心臓も悪くしますが肺や気管支も悪くします

心臓は問題ないのに苦しい場合は

● 呼吸機能検査(肺活量など)

をすると、

● 空気の通り道が狭い、気管支が狭いことがあります

代表的なタバコによる病気は

● 肺気腫

● 慢性気管支炎

● 慢性閉塞性肺疾患(COPD):肺気腫や慢性気管支炎が進行したもの

● ときどき、ぜんそくを合併します

気になる場合は

担当医の先生に呼吸機能検査をしてもらうか、呼吸器を専門としている医療機関に相談してください。

● 呼気一酸化窒素ガス分析装置 NIOX VERO 呼気NO

● 優しい肺の検査 総合呼吸抵抗測定装置 モストグラフ

スパイロメーター